ロシアンブルー・ビギナーズカフェは、正式なブリーダーさんから子猫ちゃんをお迎えする事で不幸な猫ちゃんを減らしていこうという主旨のご縁組みサイトです。

ロシアンブルーBeginners-cafeトップページ → ペットショップでの生体販売に反対します!


ペットショップでの生体販売に反対します!

【パピーミルって聞いた事ありますか?】

ペットショップで動物を買うのが一般的な日本…
その一般的な行為がたくさんのワンちゃん、猫ちゃんの命を奪っている事をご存知でしょうか?
欧米先進国では、動物愛護の観点から動物の陳列販売は禁止されています。
それは、華やかに見えるペット業界の裏に、残酷すぎる現実があるからです。
泣いてる猫ちゃん これ以上増やさないで下さい

ペットショップには、とても可愛いワンちゃん、猫ちゃんがおり、一見とても華やかに見えると思います。

しかし、考えてみて下さい。
このワンちゃんや、猫ちゃんは、一体どこから来たのでしょう?

答えは、パピーミルです。

パピーミルとは、ペットショップにワンちゃん、猫ちゃんを卸す繁殖者で悪徳業者の事をさします。
犬猫の製造工場という意味です。

パピーミルでは、犬猫ちゃんに自由は与えられません。
繁殖をさせられるためだけに生き、一生ケージから出られず、病気になっても放置され、
気が狂うと保健所へ送られます。
生まれた子犬、子猫にも健康面での配慮はありません。
生後間もなく、親から引き離され、くじ引きに使われるような小さなダンボールに入れられて
冷暖房施設のない場所で野菜や魚同様に競り市にかけられ、病気となった子はそのまま処分されます。
ペットショップでは、狭いショーケースに入れられガラスを叩かれながら怯えて暮らし、
売れ残ると研究用に企業に売られたり、保健所へ送られます。

あまりにも残酷な話ですが、身体の小さなワンちゃんや猫ちゃんは
出産の際に帝王切開するケースも多々あり、
死産であると開腹したまま放置するという報告もあります。
生きたままゴミ箱へ入れられる残虐な光景です。

あまりにもむごく、あまりにも悲惨な光景をここで画像などで紹介するのは控えます。
ご自身の目で確認されたい方は、検索エンジンで「パピーミル」と検索し、画像をご覧下さい。
動物好きの方には夜も眠れない地獄のような画像がたくさん出てきます。

こんなワンちゃんや猫ちゃんを減らすために私たちの出来る事は、
ペットショップでの生体販売に反対し、動物を買わない事です。

目の前にある命を想うと、救ってあげたいという気持ちで
止む無くペットショップでワンちゃんや猫ちゃんを買われる方もいます。
しかし、その行為がパピーミルの存在を許し、新たな不幸な命を生み出す事に加担しているのです。

欧米では、生体は置かず、ペットグッズのみを販売する店舗内に里親募集コーナーが設けてあったり、
当方のようなご縁組サイトを介してワンちゃん、猫ちゃんを譲渡を行うのが一般的です。
また、ブリーダーの家に出向き、直接譲渡を行います。
このようにして、誰もがパピーミルではない事を確認してから
動物を家族に迎えるのが一般的
なのです。

欧米人に出来て、動物好きの私たち日本人に出来ないわけはありません。

「猫ちゃんがほしいからペットショップで買おう」ではなく、
「家族として猫ちゃんを迎えたい。だから親猫ちゃんから子猫ちゃんを養子にもらおう」
そんな感覚を私たちも身につけませんか?

猫Beginners-cafeイメージ写真



*お断り*
自家繁殖などでお店もされている良心的なショップさんも多数あります。
しかしながら、一般の方には動物愛護に則った店舗であるか、悪徳業者なのかの見分けが困難な事と、
商品として猫ちゃんを扱うお店では、お客様(特に幼少のお子様やモラルのない大人)に「猫は商品」と
いう意識を植え付けさせる一因となりうるために、Beginners-cafeは店舗での生体販売は
絶対反対の立場です。

動物が好きでペットショップにお勤めの方を批難する文面ではありません事をご理解下さい。
パピーミルをご存知ない店員さんも多くいらっしゃいます。